考え方の転換でコンプレックスを克服する

そして、そのような思いがあるからこそ、将来に向けて、また新たな目標に向けて歩き出せるのではないでしょうか。
「いつかは自分もうまくやってやる」「あいつには負けない」
そんなコンプレックスがあるから、人は成長できると考えられるわけです。

自分を否定せずに成長させる力に変えよう!

ところがコンプレックスに悩んでいる人のほとんどは、それを否定することだけです。
否定する、悩み悲しむだけで、それを自分の力に替えようとはしていないのではないでしょうか。
それではいつまでたっても自分を否定するだけでつまらない人生を送ることになります。
この場合のコンプレックスとは、自分は他人より劣っているという劣等感です。
劣等感を抱いていても何の得もありません。
それどころかマイナス面ばかりです。
前述したように劣等感をバネにしてより成長できる人というのは、劣等感をものともしません。
劣等感を自分を成長させる力に変えてしまうのです。
しかし多くの人はただ悩み悲しむだけ、それではいつまでたっても自分自身を卑下し続けるだけです。

マイナスをプラスに考えればコンプレックス克服はもうすぐ!

特に若い人たちは劣等感の塊りといってもいいでしょう。
「他の人より太っている」「背が低い」などなど…、思い悩んでいる人はたくさんいます。
それらを克服すれば、人生を楽しむことができます。」
「でも、どうすればいいの?」そう思う人が大半でしょう。
劣等感を克服するためには、それを好きになることです。
太っていることや背が低いこと、かわいくないことなどを逆に自分のチャームポイントだと思うのです。
例えば、太っている人というのは多くの人に親しみを感じさせます。
背が低いのはかわいさにつながります。
また、自分が劣等感として思っているほど他人はそれに気を留めていないことも多いのものです。

自分を肯定しアピールポイントをより発揮せよ!

お笑い芸人などは、その劣等感を逆にアピールポイントとして却って人気を博している人も少なくありません。
それをマイナスと考えるか、アピールできるメリットと考えるかによって気持ちの持ち方が変わります。
性格も同様です。
優柔不断な性格で悩んでいる人も少なくないかと思いますが、これは「思慮深い」「熟考する」性格であると考えればどうでしょう。
優柔不断ならマイナスですが、思慮深かったり熟考するのならプラスな性格ではないでしょうか。
このように考え方、気持ちの持ち方ひとつで短所も長所になりうるのです。
まずは、自分自身を肯定することから始めませんか。