コンプレックス意識を心から徐々に薄れさせていく生活リズムを考えよう

コンプレックスとは、何かが合わさった状態や複雑になったことを意味する単語で、精神医学用語としては感情や認識、願望、思考などが複合して作り出されたものをいいます。
しかし日本で使用する場合には「劣等感」といった意味合いが多く含まれてるケースが大半ですが、厳密にいうとこの2つはイコールではありません。

劣等感という感情のコンプレックスを断ち切りたい!

劣等感は実際にどうなのかは関係なく、自分を否定したり自分のことを劣っている、価値がない、生きていくことに自信が持てないといった感情を指すからです。

劣等感という感情のコンプレックスを断ち切りたい!
つまり、本当のコンプレックスの意味は怒りや悲しみなどの感情や思考などが無意識に結びついている状態であり、劣等感のような他人より劣っていたり自分を否定するような感情は含まれていないのです。
この2つの言葉がごちゃまぜになって現在は使われているというのが実情かと思われます。
とはいえ、今ではコンプレックスは劣等感という意味合いで使われることのほうが多くなっているようなので、ここではあえてコンプレックスを劣等感という言葉に置き換えて話を進めたいと思います。
劣等感という感情を意識し過ぎると自分自身がいやになったり否定したり、存在そのものを消したくなる思いを抱くこともあります。

意識の持ち方次第で劣等感を変化させる手段を得る

自分自身のいいところやわるいところをきちんと把握しているのは重要なことですが、短所や欠点ばかりを見ていては何の進展もありません。

意識の持ち方次第で劣等感を変化させる手段を得る
むしろそれらを治すことや克服するように努力することが必要なのです。
中には劣等感を認めたくないとばかりに避けて通ろうとする人もいますが、それはそれとして認めてしまうことも大切なのです。
このような感情は意識の持ち方次第で変化させることも可能です。
また、劣等感そのものを変えることも有効な手段です。

容姿やルックスにこだわる必要はありません

男性女性に限らず抱いている人が多いのが、容姿やルックスに対する劣等感です。
特に若い人は、自分の容姿はほかの人よりも劣っている」と思いがちです。

容姿やルックスにこだわる必要はありません
けれどもその多くは自分自身で思っているほど劣っていないことがほとんどなのです。
「私は太っている」と劣等感を抱いている女性は少なくないようですが、実際には平均体重よりも軽いケースはたくさんあります。
「鼻が低くてかわいくない」と悩んでいる人でも、ほかの人から見ればキュートな場合も少なくありません。
容姿やルックスの良し悪しというのはあくまでもその人の感じ方なので、他人の目からすれば何の問題もないことも多かったり、却ってチャームポイントにもなるのです。

PR クレジットカード現金化で自分の人生の価値を高める

世の中には痩せている女性よりもぽっちゃりや太目のほうが好きという男性はたくさんいますし、鼻の低いのは愛嬌があってかわいいと感じる人も少なくないのです。
外形だけで劣等感を感じて悩むのは、無駄なことだと認識しましょう。

ポジティブな考え方こそコンプレックス解消の道となる

けれども、どうしようもない劣等感も存在するでしょう。
たとえば学歴や家柄などが挙げられます。

ポジティブな考え方こそコンプレックス解消の道となる
やはり現代は学歴が重視される世の中ですし、生まれ育った家柄は変えたくても変えることはできません。
そんな時には、それらを跳ね返すだけの力をつけるのです。
勉強や仕事を頑張る、いろいろな資格を身につける、そうすればその部分で自信がつき劣等感を感じることが少なくなるはずです。

The recommendation site
精力剤の鋼鉄人で若かりし頃のガチガチ感を増強サプリで取り戻そう!
男のコンプレックス悩みを解消してくれるサプリがずらりとあの男優も愛用していたなんて!

せっかちである、暗い、優柔不断といった性格に対する劣等感の場合には、それをプラスの表現に考えるのです。
せっかちなのは行動的であったり決断力がある、暗いのは物静かや冷静、優柔不断は思慮深いや熟考するといったものです。
これなら良い意味になるので、自分自身の性格に自信がつくことでしょう。
要はポジティブな考え方をすることです。

劣等感を抱いていては自分自身を好きになることはできません。
それではあまりにも悲しいとは思いませんか?