コンプレックスの脱却をするコンセプトとは

それでは、コンプレックスをなくしたり脱却するためにはどんな方法があるのでしょうか。
コンプレックスや劣等感に対しては、ほとんどの人がマイナスやデメリットという目で見ています。
だからこそ、何とかしたい、脱却したいと考えるのですから。

劣等感のマイナス面など短所はあまり深く考えない

しかし、そんな劣等感をバネにして頑張ろうという人も少なくありません。
また、劣等感を抱くことで自分自身の短所を直そうという気持ちになるならそれはメリットとなり得ます。
けれども、多くの人が劣等感をマイナスと考えるのには理由があります。

それは、行動が消極的になったり自分自身を否定したりしてしまうからです。
そうならないためには、過剰なまでの劣等感を持たないことが大切なのです。

周りと比較すればどんどんコンプレックス感が高まっていく

過剰なまでの劣等感を持たない方法とは、周りを気にしないことが重要です。
劣等感とは自分と周りを比べて自分のほうが劣っていると感じることです。

友だちのほうが背が高い、ルックスがいいといった外見的なことから、学歴が高い、いい家に住んでいる、給料をたくさんもらっているといった環境面、そしてやさしい、思いやりがあるといった性格に対することもあるでしょう。
それらと比較して自分のほうが劣っていると思えば、それが劣等感なのです。
けれども、そんな比較対象がなければどうでしょうか。

比べるものがないなら自分のほうが劣っていると思うこともないわけですから、劣等感を抱くことがありませんよね。

周囲の環境に合った生活で価値観にこだわらない

とはいえ、比較対象のない生活や周りを気にしない暮らしを送ることは人里離れた土地で一人暮らすなどしかなく、ほとんど不可能でしょう。
周囲との違いに劣等感を抱くのであれば、周りの環境を変えるという方法はどうでしょうか。
たとえば、自分と同じレベルの友だちを作ったり生活環境に暮らすのです。

そうすればあまり自分と差がない付き合いや生活ができるので、劣等感に悩まされることは少なくなるはずです。

コンプレックスというのは自分自身の持つ価値観に自分が届いていないことから起こるものです。
つまり、周りの状況を見て「自分はあんな暮らしをしたい」「あの人のような生活を送りたい」といったうらやむ思いから発生するものです。

したがって、まずは自分自身の価値観をしっかり持つことが肝心です。
それがなければ、いくら自分と同じレベルの友だちを作ったり生活環境に暮らしても、またすぐに劣等感に際悩まされるに違いありません。
コンプレックスを作り出しているのは自分自身であることを認識しましょう。